介護福祉士 合格率

介護福祉士の試験の合格率はいったいどれくらいなのか
というと、

その年によっても違いますが、
大体50%強といったところでしょうか?

全国の受験者数は毎年約13万人~15万人。
それに対して、合格するのは7万人~8万人。

合格に必要な点数もその年で違い、

第20回は120点満点中82点が合格ライン。
第21回は、76点。
第22回は、75点。

最低でも全体の内、半分以上得点していないと合格はしないと
思っていたほうが良いですね。

ただ、
介護福祉士の試験問題は
何も勉強しなくても3割4割は得点出来る問題ですので、

あとはプラス20~30点取れるように
地道に自宅学習していくだけです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。