介護福祉士 実務経験

介護福祉士の試験には、それを受けるための
「受験資格」があります。
ですので、誰でも受けられるわけではないんです。

まずは、実務経験について説明します。

ざっくり大雑把にいうと、
実務経験が、試験日までに3年間介護職員として働いていれば
受験できます。

これは、同じところで3年でもいいし
複数の現場を経験しているのであれば、それぞれの介護職員として
働いた期間の合計が試験日までに3年以上あれば問題ないっていうことになります。

ただ、
複数の現場を渡り歩いている場合
「実務経験証明書」っていうものをそれぞれの所からもらわないとダメなので
円満退社してない職場があると、色々気を使って大変です(苦笑)。

あと、
注意したいのが、その現場がもう存在しない場合。潰れてしまったってことですね。

その法人自体がなくなってなければ、問題はないと思いますが
法人自体なくなってしまっていた場合、勤務実績を証明できる何かがないと
厳しいかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。