介護福祉士 受験資格

介護福祉士 国家試験を受けるためには、
受験資格が必要になります。

いますぐ欲しい!
今年試験を受けたい!
と思っても

いくつかの条件を満たしていなければ
試験さえ受けることが出来ません。

多くの場合、
実務経験による受験になると思うのでそれについて。

実務経験というは、
「介護等の業務に従事したと認められる職種」で働いた日数です。

筆記試験前日までに通算して
従業時間3年(1095日)以上
かつ
従業日数540日以上

あれば、介護福祉士の試験が受けられます。
筆記試験は1月ですので、

例えば
4月採用でフルで働いている人が介護福祉士を受けようとすると、
4年目の1月にようやく受験資格を持つことが出来るということです。


先ほどの「介護等の業務に従事したと認められる職種」のことや
その他、詳しく知りたいかたは社会福祉振興・試験センターにて確認してみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。