介護福祉士 学科試験 勉強方法

こんばんわ、ちゃーすけです。

今回は、介護福祉士 学科試験の勉強方法について
私のおすすめを書いていきたいと思います。

まずは前回お伝えした参考書、問題集等は用意されたでしょうか?
これらがないと勉強を始められませんので、ご用意願います。

大丈夫ですか?
では始めます。


学科の学習のポイントとしては

①実際の試験問題を解きまくる

②わからない、よく間違える科目、問題を重点的に
わかる科目、問題はたまに復習する程度で良い


です。


①実際の試験問題を解きまくる
ですが、

よくあるパターン
一生懸命参考書を読んでノートにまとめて勉強したつもりになっている。

これ、実際はほとんど身についてません。

実際にそういう勉強をしてみてから試験問題を解くと、
悲しいほど内容を覚えていないことがほとんどです。

読んだだけでその内容をずっと覚えていられる人はそれでも良いかと思いますが…。

ですので、私の推奨するやり方としては、
実際の試験問題を解きながら、わからないところを参考書開いて
記憶、理解していく
です。

実際の問題形式に普段から慣れておくことが重要です。

これは、介護福祉士の試験にかかわらず
どんなテストにも言えます。

ですので、
まずは過去問など実際の問題形式で書かれている問題集を
一度やってみてください。
(あ、一問一答とかじゃダメですよ やってもいいけどそれはメインじゃありません)

もちろん、最初はわからないところが多く点数も低いかもしれません。

何度も何度も、問題解いて参考書見て、問題解いて参考書見て
を繰り返していけば、

少しずつ少しずつ、点数もあがっていき、
わからない箇所も少なくなっていくと思います。

こうすることで、基本テキストや参考書だけで勉強するよりも
より効果的な学習が出来る、というわけですね。


ちょっと長くなってしまったので、
②わからない、よく間違える科目、問題を重点的に
わかる科目、問題はたまに復習する程度で良い

に関しては次の記事で説明したいと思います。

コメント

1■目指せっ介護福祉士!

はじめまして。勉強法がイマイチわからず、机に向かうものの、足踏み状態の自分に嫌気がさしていたんです。今夜からブログにあるように問題を片っ端から解きまくります。
ありがとうございます(^∇^)。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。